Windows8.1にアップグレードする必要ってあるの?

Windows用Windows8.1にアップグレードする必要ってあるの?

Windows7で事足りている人は8.1にアップグレードしなくてもいい?!

無料のアップグレードとなるWindows 8ユーザーには訊くまでもないことですが、それ以外のユーザーもWindows 8.1へアップグレードしたほうがいいのでしょうか?世界の8割以上のPCはいまだにWindows 7かVista、XPのいずれかを使用しています(出典: Netmarketshare)。Windows 7で問題がなく事足りている人にとって、わざわざOSをWindows... 完全な説明を見ます

無料のアップグレードとなるWindows 8ユーザーには訊くまでもないことですが、それ以外のユーザーもWindows 8.1へアップグレードしたほうがいいのでしょうか?世界の8割以上のPCはいまだにWindows 7かVista、XPのいずれかを使用しています(出典: Netmarketshare)。Windows 7で問題がなく事足りている人にとって、わざわざOSをWindows 8.1に変えるだけの価値があるのでしょうか?

**********************************************************************
Microsoft公式サイトはこちら>>>
**********************************************************************

新しくなったマイクロソフトOSの改良点
改良されたインターフェイス

タッチ操作可能なPCやタブレットをお持ちなら、まずWindows 8.1にアップデートして間違いはないでしょう。様々な新機能に加え、新たなサイズのタイルも追加され、スタート画面にメリハリが出て見やすくなりました。画面下の矢印をクリックして全てのアプリを表示可能な新メニュー画面もWindows8にはなかった便利な機能です。検索機能も大きく改善され、Modern UIからもデスクトップからもアプリやファイルを簡単に見つけることが可能になりました。

Windowsストアで入手できる新しくて面白そうなアプリの数々も魅力の一つです。
安全第一
Windows8は現時点でマイクロソフト史上最も安全なOSですが、8.1にも特筆すべきセキュリティ機能が新たに追加されています。アンチウィルス機能を備えるWindows Defenderはデフォルトでインストールされており、Modernアプリはsandboxと呼ばれるセキュアな環境で実行されます。Refresh機能ではデータ喪失の心配がなくシステムを最適化でき、Reinstall機能ではPCを完全に初期化できます。さらにAppLocker機能では管理者アカウントからユーザーが実行できるアプリやファイルを制限できます。これまで一度もセキュリティ関連の深刻な問題が発生していないWindows 8の後継である8.1は、セキュリティと安全性の観点からみても申し分のないOSだと言えるでしょう。

Windows8.1-Windows7 より格段に早く
Windows8とWindows8.1の肯定派が必ず引き合いに出すのがOSの処理速度です。数多くの研究が示すように、起動速度においてはWindows8 がWindows7を上回っているとされます。システムの安定性についても同じことが言えます。もしPCのハードの性能に自信がなければ、Windows8.1を使う事でスピードが大きく向上するのを実感できるでしょう。

Windowsストアの充実した品ぞろえ
さらに、Windows8.1にはWindows8にあった数々の初期トラブルの心配がありません。Windowsストアには豊富な品ぞろえのアプリが用意されています。2013年7月には早くもアプリ本数が10万本を突破しました。現在ではFacebook、Twitterなどのビッグネームアプリが毎月のように発表されています。Windows8.1に乗り換えれば、Twitter、EmailやDropboxなどのサービスもタッチインターフェイスで簡単に管理できるようになります。

Windows8.1のModernインターフェイスが使用できない場合
どんな環境でPCを使うかによって最適のOSを選ぶという考え方もできます。タッチスクリーンを購入する予定が無いのであれば、デスクトップで使用した場合にWindows8.1の新機能がどう役立つかを考えるとよいでしょう。デスクトップで使用するのであれば、残念ながらマイクロソフトが提供する新機能には特に目立った点が無いといえるでしょう。Windows8.1は劇的に改良されたとは言えませんが、小さな改善点が複数あります。検索機能は改良されましたが、まだまだアップルのOSに太刀打ちできるものではありません。新機能の一つとされている、一画面に複数のアプリを表示させられるSnap Apps機能もありますが、似たような機能「スナップ」がWindows7にもありました。

Internet Explorer 11を使うためにWindows8.1にアップグレードする必要はありません、近いうちにWindows7で使用可能となります。

復活したとは言えない“スタートボタン”
Windows 7以前のOSに慣れ親しんでいる人にとって、Windows8同様にWindows8.1は 慣れるのには少し時間が必要で、ユーザーフレンドリーではないと感じるかもしれません。マイクロソフトはスタートボタンの復活を前面に押し出そうとしていますが、8.1のスタートボタンは以前のスタートボタンではありません。機能としてはデスクトップからModernインターフェイスへとショートカットできるだけです。以前のスタートボタンが無いのでサード・パーティによる“本物”のスタートメニューが多数出回っています

互換性の問題
Windows7からWindows8への移行をスムースにする為に、マイクロソフトはお使いのハードウェアでWindows8を試せるウェブページ「互換性センター」を開設しました。しかし、サイトでのテストを通過した後もWindows8との互換性に問題があることを訴えるユーザーが後を絶ちませんでした。Windows8.1はこれらの問題も全て解消してくれるのでしょうか?その保証はどこにもありません。

結局どうなの?
間違いなくWindows8.1はWindows8を上回るOSです。根本的な変化こそ無いもののModernインターフェイスを使いやくする新機能を追加するなど細かく改良されています。Windowsを新しい方法で楽しみたいならばアップデートをおすすめしますが、どうしてもアップデートするべきだ、とは言えません。従来のデスクトップ・インターフェイスやスタートメニューが好きな人にとってはWindows9 が発表されるまで様子見をする、という選択肢が賢明かもしれません。

※ダウンロードボタンをクリックすると、Microsoftの公式ページに移動します。
※Windows8.1に関するレビューはこちら
※Windows 8、Windows 7、Windows Vista、Windows XPからWindows 8.1にアップグレードするにはこちら

Windows8.1にアップグレードする必要ってあるの?

ダウンロード

Windows8.1にアップグレードする必要ってあるの?

ユーザーレビュー

スポンサー×